事業案内

Business contents

事業開発により世の中に新しい価値を提供し、社会や顧客に元気をつくる
明るい未来の実現に向けて当社は更なるチャレンジを続けていきます。

事業開発部

インキュベーター(孵化器)として、将来会社を牽引する事業を創出する組織です。

新規事業のヒントやアイデアは現場にしか存在しません。現場からの提案を吸い上げ、具体的なビジネスの形を作っていく組織です(提案者が事業開発部に異動する可能性も十分にあります)。フィットネス事業部と事業開発部との連携により、例えば、2018年12月には「和太鼓 FITNESS STUDIO MATSURI」がオープンしました。この事業は和太鼓とフィットネスを融合した新しいスタイルのフィットネス業態です。第2第3の事業領域を作るため、過去の経験や事業間連携をもとに、他社との協業も含めて新たな事業を創出してきます。

事業開発部 3つの成功要因

事業条件をつくる
現在の事業
+
失敗の山(過去の経験)
  • 成功の条件、ノウハウを作る
  • 現業から事業アイデアを出す
  • 未知の分野・事業領域を作る
人材をつくる
人材教育
+
サポート
  • 事業計画策定ができる人材作り
  • 提案力が高い人材作り
  • アイデアが出せる人材作り
事業計画をつくる
マーケティング
+
リソース確保
  • 資金/収益をコントロールする
  • 採用/組織構築をする
  • 人/物/金のマネジメントをする

ICT事業部

現在は神奈川と東京でauショップ8店舗とドコモショップ1店舗を運営しています。販売力には定評のある当社であり、継続して力を入れております。

今後は携帯ショップと関連のあるビジネスや当社で活用しているシステムの販売を検討しており、2019年の早い段階で立ち上がる予定です。また、AIやインターネットを活用したビジネス展開を目指しており、AI×モバイル×〇〇を事業コンセプトに新たな価値を作り社会に提供します。

  • auショップ中山
  • auショップ武蔵新城
  • auショップ川崎南加瀬
  • auショップあざみ野
  • auショップ鷺ノ宮
  • auショップ旭今宿
  • auショップ市が尾
  • auショップ鷺沼
  • ドコモショップ綾瀬タウンヒルズ店

フィットネス事業部

現在は24時間スポーツジムのエニタイムフィットネスを全国39店舗を展開しており、日本ではNo.1フランチャイジーとしての地位を確立しています。 (2019年1月時点)

当社は運動の裾野を拡大し元気をつくることを目指しており、今後はエニタイムフィットネスの拡大とともに、老若男女いろいろな人々の運動する機会を与える事業を事業開発部と共に創出していきます。

全国39店舗エニタイムフィットネス

関東エリア12店舗
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
中部エリア4店舗
  • 岐阜
  • 愛知
関西エリア11店舗
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
九州エリア12店舗
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 鹿児島

3 つの組織が連携をし
「元気をつくる事業」を開発しています。

元気をつくる事業